ライフ

Macで簡単にApexをプレイする方法【2022年版】

MacでApex(エーペックス)をプレイするには?

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)はPCプレイステーションXboxニンテンドースイッチなどでプレイできますが、残念ながらMacには対応していません

ただしMacユーザーでも以下のようにWindowsを利用してApexをプレイすることができます。

  • MacのBoot Campを利用してWindowsにApexをインストールする方法
  • Mac上でWindowsを動作させることができるツール(ParallelsDesktopなど)を使用してWindowsにApexをインストールする方法

1つ目のBootCampはCPUがIntelのMacのみで実現できる方法で、CPUがM1の場合BootCampに対応していません。(2022年4月現在)

2つ目のMac上でWindowsを起動できるツール有料ソフトであり、ある程度のスペックとメモリが必要になる場合があります。

では簡単にMacApexをできる方法はないのでしょうか?

実は簡単にMacでApexをプレイできる方法があります!

GeForceNOWクラウドゲームサービスを使おう!

MacApexをプレイする方法はGeForceNowというクラウドゲームサービスを使うという方法です。

GeForceNOWのサイトへ

GeForceNowNVIDIAというアメリカの半導体メーカーが提供しているクラウドゲームサービスで、日本での提供はソフトバンクがおこなっています。

このクラウドゲームサービスの中にApexがありますので、これでMacでApexがプレイできます。しかも無料フリープランが提供されていますので、誰でも気軽に始められます!

GeForceNOW料金プラン

GeForceNowフリープラン無料なのですが、連続プレイ可能時間1時間となっています。さらに連続プレイをしたい場合はプレミアムプランに加入すれば連続プレイが6時間になりますが有料になります。

なお、フリープランでも一旦GeForceNowを終了すれば、再度1時間プレイが可能になります。

最初はフリープランを加入して、自分のパソコン・ネット環境で問題がなければプレミアムプランを検討すればいいと思います。

クラウドゲームってどんな仕組み?

クラウドゲームとはサーバー上にPCがあるようなイメージゲームをストリーミングして自分のパソコンに表示してプレイできるというものです。

ゲームソフトを自分のパソコンにインストールする必要もなく、パソコンスペックも高いものは必要ありません。

メリット

  • 性能の高いパソコン・グラフィックボードが必要ない
  • プレイしているパソコンに負担をかけない
  • ゲームソフトが必要ない
  • いろいろなデバイスでプレイできる

デメリット

  • ネットワークが遅いと遅延が起きる
  • オフラインではゲームできない
  • サービスが終了するかもしれない

ゲーム環境がサーバー上にあるので、ノートPC、デスクトップPC、Mac、Androidデバイス、iPhone、iPadなどいろいろなデバイスでプレイすることができます

自分のMacでApexがプレイできるか確認してみよう

プレイする前にGeForceNOWのシステム要件を確認しておきましょう。

GeForceNOWのサイトへ

GeForceNOWのシステム要件

対応端末

macOS 10.11以降

インターネット動作環境

  • 有線または5GHzのWi-Fi環境
  • 15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)

動作確認済みゲームパッド

  • Microsoft Xbox Wireless コントローラー(USB有線接続またはBluetooth接続)
  • Microsoft Xbox 360 コントローラー(USB有線接続)
  • Sony PS5 DualSense (USB有線接続またはBluetooth接続)
  • Sony DualShock 4 (USB有線接続またはBluetooth接続)
  • Logitech Gamepad F310 / F510 / F710 (DirectInput モード)
  • SteelSeries Nimbus

ハードウェア要件

  • 2009年以降に発売されたMac

自分のMacが何年のモデルか確認するにはMac画面右上の「アップルメニュー」→「このMacについて」で表示される画面で確認できます。

上記のように2009年などの古いMacでの動作も対応しています。ハードウェアに依存せず高品質なゲーム環境でプレイできるのクラウドゲームサービスのメリットと言えます。

システム要件を満たしていればGeForceNOWでプレイする準備をしましょう。

MacでApexをプレイするにはGeForceNowアカウント他に、SteamもしくはOrignアカウント及びEAアカウントの合計3つのアカウントが必要になります。

  • GeForceNowアカウント
  • Steam or Orignアカウント
  • EAアカウント

STEP1】GeForceNOWに登録する

GeForceNowのサイトで、まずはフリープランに登録してアカウントを取得しましょう。

GeForceNOWのサイトへ

GeForceNowから「フリープランに登録」をクリックして、メールアドレスを送信しましょう。そうすると、すぐに登録メールアドレスに本登録用のメールが届きますので、URLをクリックして、登録完了となります。
アカウント登録が完了したらアプリダウンロードの画面に移動しますが、移動しない場合はマイページにログインして、ページ下部にある「アプリダウンロード」からアプリをダウンロードします。

STEP2】MacにGeForceNOWアプリをインストール

マイページからアプリのダウンロードが完了したら「dmg」ファイルをダブルクリックしてインストールしましょう。

インストールは簡単。ダウンロードしたディスクイメージを開いて、GeForceNOWアプリをアプリケーションフォルダーにドラッグ&ドロップでコピーしたら、インストール完了。

アプリが起動したら、右上のログインボタンからログイン
softbankとauの選択画面が表示されますので、softbankをクリック
して、生年月日を登録してログイン完了となります。
GeForceNOWアプリにログイン完了!

GeForceNOWのサイトへ

STEP3】SteamかOrignのアカウントを取得する

今回はGeForce Nowの他のゲームも多く遊べるようにSteamを選んでアカウントを作成するため、SteamのサイトにてSteamアカウントを取得します。もちろんOrignアカウントでもApexはプレイできます。

GeForceNowアプリからもSteamアカウントを作成可能ですが、アカウント作成時のreCAPTCHA(画像認証)に不具合がある(画像認証エラーが出ます)ため、Steamのウェブサイトにてアカウントを作成してください。(2022年5月現在)

Steamサイトの右上のログインをクリックします。
右下の「Steamに登録」をクリック
メールアドレスなどを入力して「続行」をクリック
登録したメールアドレス宛にメールが届きます
届いたメールの「メールアドレスを確認」をクリック
アカウント作成画面に戻り、アカウント名パスワードを登録してアカウント作成完了!
すでにログインしているGeForceNowアプリからApexのアイコンをクリックします。
Apexアイコンの下に詳細が表示されるので、「Steam」を選択して「プレイ」をクリック
先程登録したSteamのアカウントとパスワードを入力してログインします。

GeForceNowアプリ上でアカウント・パスワードなどをMacで入力する際に、テンキーは使用できませんのでご注意ください。

言語は日本語を選んで「同意する」をクリック
次にEAアカウント取得するため、この画面で「登録」をクリックします。

STEP4】EAアカウントを取得する

国/地域誕生日を選択して「次へ」をクリック
メールアドレスパスワードアカウント名を入力して「次へ」をクリック
プロフィールなどの設定をして「アカウントを作成」をクリック
登録したメールアドレスに届いた認証コード(数字)を入力して「続行」をクリック
アカウントが作成され、ゲームプレイが可能になりました。お疲れ様でした!
これで全ての設定が完了!あとはプレイを存分に楽しみましょう!

GeForceNOWのサイトへ

実際にiMacでApexをプレイしてみた

僕のiMacスペックは2019年の27インチモデルです。

  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)
  • OS:12.2.1
  • CPU:3GHz 6コアIntel Core i5
  • メモリ:40GB 2667MHz DDR4
  • グラフィック:Radeon Pro 570X 4 GB
  • WiFi:802.11 a/b/g/n/ac(フレッツ光・マンション・VDSL)

前提として僕のApexレベルは趣味レベルで全く上手くはありません….。従って、プレイ中の細かい遅延に関しては上手なプレイヤーさんほどシビアではないですので、ご了承ください…。

今回はプレイ検証としてWiFiの場合有線の場合という2つの環境でテストしてみました。

  • WiFiの場合:Macから1m離れた場所にWiFiルーター(5GHz)を設置
  • 有線の場合:Macからイーサネットケーブルにて有線接続。

WiFiの場合

少し画面がぼやけたりします

回線速度は平均40〜50Mbpsで、少しラグがあり画質も少し粗い場合があります。

夜の時間帯休日などは回線が混む時間帯なのか、プレイまでの待ち時間もあり快適にゲームを楽しめるのはなかなか難しいと思いました。

有線の場合

キレイな画面で快適です

回線速度は平均70〜90Mbpsで、ラグは一切感じず快適にプレイができました!

夜の時間帯休日なども画質の不安定さはあまり感じません。

GeForceNOWのサービスは特にフリープランでは接続ユーザーが多いとゲームプレイまでの待ち時間が生じることがあります。

待ち時間はある程度待てばプレイできますが、待てない場合は「優先接続」があるプレミアムプランの加入を検討してみてください。

ネットワークテストをしてみる

以下はGeForceNOWアプリの「メニュー」→「設定」→「サーバーの場所」→「ネットワークをテストする」でネット環境をテストした結果になります。

数値的には安定していますが、画質が安定しない場合もあります。あまりにも回線が悪い場合はネットワークテスト時点でプレイできない場合もあります。

この時もやはり「WiFi」よりも「有線」の場合の方がパケットロス遅延が少なく安定している数値になりました。

MacでApexまとめ

今回はMacでApexをプレイしてみましたが、インターネット回線に依存している部分が大きいと感じました。WiFiでは安定しなくても有線にすることで安定する場合もあるので、まずは「フリープラン」を試してみて、問題なければプレミアムプラン」にアップグレードしてみてはいかがでしょうか?

ただ、プレミアムプランの料金はMacでApexのみをプレイしたいだけの人には決して安くはないのでよく検討してみましょう。

ネット回線の速度としては僕の環境で50〜90Mbpsくらいあれば快適にプレイすることができました。

今後も手軽にできるクラウドゲームはさらに発展するジャンルとなりそうなので、ぜひ今後に期待しましょう。

GeForceNOWのサイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Illustratorworksの動画はこちら
キャラクター・イラスト制作をご検討の方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA