ライフ

【2021年版】Macでフォートナイトをプレイする方法

Macフォートナイトができなくなった!?

2020年8月EpicGamesAppleが決済に関する問題から裁判にまで発展し、現在はApple製品でフォートナイトがプレイができない状況になっています。

僕自身も、iMacMac版フォートナイトをインストールしてプレイをしていましたが、最新のシーズンなどがプレイできなくなったので、現在はプレイしていません。

現時点でMacユーザーは以下のようにWindowsを利用してフォートナイトをプレイすることが考えられます。

  • MacのBoot CampWindowsを起動してWindowsにPC版フォートナイトをインストールする方法
  • MacでWindowsエミュレーターを動作させて、エミュレーター上にフォートナイトをインストールする方法

ただし、上記のような方法はちょっと面倒で、手間もかかりスマートではありません….。

では現時点でMacでフォートナイトをプレイする最良の方法はなんでしょう?

GeForceNOWというクラウドゲームサービスを使う!

GeForceNOWはアメリカのNVIDIAという半導体メーカーが提供しているクラウドゲームサービスです。

このクラウドゲームサービスの中にフォートナイトがありますので、そちらをプレイします。しかもフリープランという無料サービスが提供されていますので、気軽に始められます。

GeForceNOW料金プラン

GeForceNOWフリープランは無料ですが、連続プレイ時間が1時間と制限付きになります。これは一旦ゲームを終了すれば再度プレイすることが可能ですが、長時間プレイすることはできません。

最初はフリープランで自分のMacで快適に動作するか検討してみて、問題なければプレミアムプランに移行という流れでいいと思います。

クラウドゲームの仕組み

クラウドゲームとはサーバー上にPCがあるようなイメージゲームをストリーミングして自分のパソコンに表示してプレイできるというものです。

ゲームを自分のパソコンにインストールする必要もなく、パソコンスペックも高いものは必要ありません。

メリット

  • 性能の高いパソコン・グラフィックボードが必要ない
  • プレイしているパソコンに負担をかけない
  • ソフトが必要ない
  • いろいろなデバイスでプレイできる

デメリット

  • ネットワークが遅いと遅延が起きる
  • オフラインではゲームできない
  • サービスが終了するかもしれない

ゲーム環境がサーバー上にあるので、ノートPC、デスクトップPC、Mac、Androidデバイス、iPhone、iPadなどいろいろなデバイスでプレイすることができます

まずは自分のMacでフォートナイトがプレイできるか確認しよう

プレイする前にGeForceNOWのシステム要件を確認しておきましょう。

GeForceNOWのシステム要件

対応端末

macOS 10.10以降

インターネット動作環境

  • 有線または5GHzのWi-Fi環境
  • 15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)

動作確認済みゲームパッド

  • Sony DualShock 4 for PlayStation 4 (USB有線接続 または Bluetooth接続)
  • Logitech Gamepad F310 / F510 / F710 (DirectInput モード)
  • Microsoft Xbox 360 および Xbox One 有線コントローラー (USB有線接続)

ハードウェア要件

  • Apple M1
    • Mac Mini 2020 以降
    • MacBook Air 以降
    • MacBook Pro 13” 以降
  • Intel
    • iMac 20” Late 2009 以降
    • iMac 21.5” Late 2009 以降
    • iMac 27” Late 2012 以降
    • MacBook 2008 以降
    • MacBook Retina Mid 2017 以降
    • MacBook Air 11” Early 2015 以降
    • MacBook Air 13” Late 2008 以降
    • MacBook Pro 13” Early 2015 以降
    • MacBook Pro 15” Late 2008 以降
    • MacBook Pro 17” 2009 以降
    • Mac Pro Late 2013 以降

上記のようになっています。意外にも古いMacでの動作も対応しているようです。

僕のiMacのスペック

僕のiMacは2019年の27インチモデルで、Wi-Fiは802.11acの5GHzなので、GeForceNOWの推奨環境に適合しています。

  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)
  • OS:11.6
  • CPU:3GHz 6コアIntel Core i5
  • メモリ:40GB 2667MHz DDR4
  • グラフィック:Radeon Pro 570X 4 GB
  • WiFi:802.11 a/b/g/n/ac(フレッツ光・マンション・VDSL)

iMacにGeForceNOWアプリをインストール

早速GeForceNOWのアプリをダウンロードしてインストールしてみました。

インストールは簡単。ダウンロードしたディスクイメージを開いて、GeForceNOWアプリをアプリケーションフォルダーにドラッグ&ドロップでコピーしたら、インストール完了。

あとはコピーしたアプリをダブルクリックしたら以下のアプリがで起動します。

フォートナイトのアイコンをクリックしてEPICのアカウントでログインすれば念願のMacでフォートナイトがプレイできます。

実際にiMacでフォートナイトをプレイしてみた

まず、前提として僕のフォートナイトレベルは趣味程度、全く上手くはありません….。従って、プレイ中の遅延に関しては上手なプレイヤーさんほどシビアではないです…。

結論から言うと、「微妙」でした。Macのスペックはシステム要件をクリアしていて、回線も平均50〜80Mbps出ていますが、僕のWiFi速度が安定していないのか、画質が良い時と、悪い時があります。

夜の時間帯休日などは特に回線が安定していないようで、画質が悪くなり、快適にゲームを楽しめる環境ではありません。

また、プレミアムプランは「優先接続」があるので、より快適にプレイできると思い、フリープランからアップグレードしてプレミアムプランに加入してプレイしてみましたが、若干は良くなったと感じましたが、劇的に変化があるようには感じませんでした。

休日の夜などの場合

フォートナイトの画質設定では最高画質で設定しているのですが、回線速度のせいなのか画質はよくありません。ただ、遅延などは多少はあるものの、ひどいラグではないような感じです。

平日昼間などの場合

フォートナイトの画質設定は上記と同じですが、回線速度が安定しているせいか画質が良くなり遅延もほぼない状態でプレイできます。

ネットワークテストをしてみる

以下はGeForceNOWアプリの「メニュー」→「設定」→「サーバーの場所」→「ネットワークをテストする」でネット環境をテストした結果になります。

数値的には安定していますが、画質が安定しない場合もあります。あまりにも回線が悪い場合はネットワークテスト時点でプレイできない場合もあります。

macOSではプレイできるが、iOSではプレイできない

2021年11月現在でGeForceNOWでのフォートナイトmacOSではプレイできるが、iOSではプレイできないようです。

今後iOSでもプレイできるかもしれませんので、期待しましょう。

Macでフォートナイトまとめ

今回はMacでフォートナイトをプレイしてみましたが、インターネット回線に依存している部分が大きいと感じました。僕の環境ではラグなどがありましたが、他の環境では問題なく動作する場合もあると思うので、まずは回線の混みにくい時間帯に「フリープラン」を試してみて、問題なければプレミアムプラン」にアップグレードしてみてはいかがでしょうか?

今後もクラウドゲームサービスはもっと盛り上がると思いますので、期待しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Illustratorworksの動画はこちら
キャラクター・イラスト制作をご検討の方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA