デザイン

Adobe Fontsからモリサワフォントの一部が終了

Adobe Fontsとは

AdobeFontsAdobeCreativeCloudのサブスクリプションプランで利用可能なフォントサービスです。多くのフォントメーカーが参加しており、18,000以上の高品質なフォントが揃っています。また、高価なモリサワフォントが使えるというのもメリットのひとつでしょう。

また、グラフィックデザインの他にもWebフォントとしての利用もできます。

AdobeCreativeCloudのユーザーにとっては必須サービスだね

モリサワフォントが一部終了

2021年9月10日(金)モリサワフォントの一部(25フォント)が提供終了になります。

提供終了フォントは以下になります。

  • A-OTF 太ゴB101 Pr6N Bold
  • A-OTF 太ミンA101 Pr6N Bold
  • A-OTF 中ゴシックBBB Pr6N Med
  • A-OTF 見出ゴMB31 Pr6N MB31
  • A-OTF 見出ミンMA31 Pr6N MA31
  • 漢字タイポス412 Std R
  • 漢字タイポス415 Std R
  • 漢字タイポス48 Std R
  • RoぶらっしゅStd U
  • Ro日活正楷書体Std L
  • RoサンStd M
  • Ro篠Std M
  • TBカリグラゴシック Std E
  • TBちび丸ゴシックPlusK Pro R
  • TBシネマ丸ゴシック Std M
  • TB新聞ゴシック Std M
  • TB新聞明朝 Std L
  • TBUDゴシック Std B
  • TBUDゴシック Std H
  • TBUD明朝 Std H
  • TBUD丸ゴシック Std B
  • TBUD丸ゴシック Std H
  • 游明朝体36ポかな R
  • 游明朝体五号かな R
  • 游明朝体 Pr6 R

個人的にはよく使用していたフォントなどもあり、とても残念です。

僕の大好きな「漢字タイポス」「TBシネマ丸ゴシック」も終了です。

ちなみに今年の後半に新しいモリサワフォントが追加される予定とのアナウンスもありますので、こちらにも期待したいですね。

提供終了フォントを使用していたファイルの扱い

2021年9月10日以降はフォントをアクティベートしても各アプリのフォントメニューからフォントが見えなくなり、フォントの利用ができなくなります。

したがって、提供終了フォントを使用したドキュメントなどは代替フォントを利用しないといけません。

Adobe Fontsは日本語フォントも多いから代替フォントで対応しよう。

印刷物などのイラストレーターファイルの場合

提供終了フォントを使用していたイラストレーターファイル代替フォントで置き換えるしかないでしょう。過去のデザインデータを開く際にアラートが出るので、都度対応するのがいいかもしれません。

Adobe Fontsはフォントメーカーから成り立つサービスでもあるので、今後はフォントラインナップはある程度流動的という前提で利用しましょう。

Webフォントの場合

Webプロジェクトで使用しているフォントは、自分で利用停止しないかぎり提供が終了したフォントであっても継続して利用できるようです。ウェブサイトで利用している人には朗報ですね。

引き続き提供終了フォントを使いたい場合

提供終了したフォントを引き続き利用するには、モリサワから「恒久ライセンス」を購入するか、サブスクリプションの「MORISAWA PASSPORT」を購入するかのどちらかになります。

コストはかかりますが、高品質なフォントですので必要であれば購入・契約してみてもいいかもしれません。

他のフォント使用シーンについて

PDF画像ビデオにフォントデータが埋め込まれたものなどは提供終了後も正しく表示されるようです。

提供終了フォントについての詳細はこちらのヘルプページから確認できます。

まとめ

今回のAdobe Fontsモリサワフォント一部提供終了はこれまでモリサワフォントを愛用してきた方には残念なお知らせですが、今後もフォントが増えるという事でこれからのAdobe Fontsに期待しましょう。

また、Adobe Fontsのフォントラインナップは永続的ではないという事なので、その辺りを考慮してデザイン制作に取り組むようにしたいですね。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Illustratorworksの動画はこちら
キャラクター・イラスト制作をご検討の方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA