IllustratorCC 2015 GPUパフォーマンスのプレビューがギザギザ?

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

GPUパフォーマンスがジャギる

先日、IllustratorCC 2015にアップグレードをしました。早速起動して気づくのがプレビューにジャギーがかかっているという事です。環境設定から「GPUパフォーマンス」をオフにするか、「表示」→「CPUでプレビュー」これで綺麗にプレビューされます。イラストレーターでデザイン(特にウェブ)する場合、このジャギー表示は致命的ですので、「GPUパフォーマンス」はオフをオススメします。描画パフォーマンスが上がる機能で期待はできるのですが、搭載されたばかりの機能で、不具合も報告されていますので様子を見た方が良さそうです。

blog_gp2

blog_gp3

余談ですが、僕の環境特有の問題の可能が高いですが、CC2014でアクションを登録する場合「ウェブ用に保存」のファイルネームが固定されるという問題があったのですが、CC2015で改善されていました。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA