Youtubeアカウントが突然停止されたときの対処法

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

いつものようにGmailを開くとアカウント停止のメールが!

いつものようにパソコンを起動し、Gmailをチェックしていたところ、突然アカウント停止を告げる内容のメールが届いていました。

メールの内容は上記のような内容となっており、利用規約に違反したとあります。まず私の利用しているGoogleのサービスはいろいろあり、どのサービスで利用規約に違反したかが分からない状況です。とりあえず該当のGoogleアカウントにログインを試みるも、全くログインできませんでした。

するとさらに以下の内容のメールが届きました。

ここでYoutubeで利用規約を違反した事が判明します。ただ、「度重なる違反または重大な違反により」とありますが、これまで警告などは一切受けた事がなく、全く身に覚えがありません。メールの内容通り、違反したとされる「コミュニティガイドライン」を確認しても全く当てはまりません。
さらには「YouTubeアカウントへのアクセス、新しいアカウントの所有や作成は禁止されていますのでご注意ください。」とあり、もうYouTube禁止!みたいな感じになっているので、ちょっと不安にもなります。

ただ、私のアップロードしたYouTubeコンテンツはグラフィックソフトのハウツー動画なので、ガイドラインに抵触すらしていないと思ったので、間違って削除されたのではないかと思い、上記画像赤枠、YouTubeヘルプセンターリンクをクリックしてみました。

すると上記ページが開き、さらに赤枠のリンクをクリックします。異議申し立てフォームが開くので、以下に異議申し立ての内容を入力して送信します。

  • お客様の氏名
  • YouTubeチャンネルのログインに使用するメールアドレス
  • 停止された YouTube チャンネルの URL
  • チャンネルが誤って停止されたと思われる理由

すると私の場合は即日で以下のメールが届きました。意外と対応が早いです。

…そして翌日… YouTubeアカウント復活!
別に何かしてアカウント停止になったわけではないのですが、なぜかうれしい!メールの内容以下になります。

結局、勝手にYouTubeアカウント停止されて、翌日復活してコンテンツも無事という出来事だったのですが、私がYouTubeアカウント停止で検索した時になかなか安心できる記事に出会えなかったので、同じ状況になった皆様のお役に立てればと思います。
もし全く身に覚えのない状況でGoogle・YouTubeアカウントが停止された際は落ち着いて異議申し立てを行いましょう。ガイドラインに違反していなければ大丈夫だと思います。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA