お正月も近いので干支の申のイラストを描いてみよう!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

まずはイラストのテイストを決めましょう!

今年もあとわずかという事で、干支の申を書いてみましょう!テイストはリアルなものからディフォルメ、デザイン系のイラストと様々なのですが、今回はサルのキャラクターとしての用途も考えていますので、2頭身でポップなテイストに決定です!と言っても僕はこのテイストがメインですので…。

blog_saru2

イメージラフを描いてIllustratorで清書しましょう

イメージしたイラストを手描きでバンバンラフを描いていきます。ここでのポイントはキャラクターという事で、親しみやすく、愛される表情や雰囲気がポイントです。目、鼻、口、輪郭など重要な要素はじっくり考えて決めていきましょう。想定としては子供から女性に好かれそうなイメージで描いていきます。またこの時に表情の喜怒哀楽もイメージしながら描いていくと、よりいきいきした表情が生まれます。

blog_saru3

ラフを元に清書&着色しましょう!

ラフが固まったところで、清書&着色していきましょう。今回はラフから2点ピックアップし、いいとこどりでラフを決定しました。清書作業はラフがほぼ決まっているので、トレースするだけのシンプルな作業ですが、着色については申だから「茶色」など基本をあえて外して楽しいイラストに仕上げていきましょう。赤でも青でも兄弟の複数のサルでも、自由に想像しちゃいましょう。
基本正面ポーズが完成したら、顔のバリエーションやポーズのバリエーションを制作していくと、色々な場面で活躍してくれそうなキャラクターイラストの完成です。

blog_saru4

今回は干支の申のイラストを描いてみました。イラストの制作プロセスはシンプルですが、やはりラフが重要なプロセスですので、普段から色々なイラストを見て吸収・消化した上で、自分だけの新しいイラストを生み出しましょう!

※サンプルファイルは制作の参考としてのご利用のみでお願いいたします。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA